読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の発達障害者の支援とは?

大人の発達障害と仕事

「障害」であるから支援がある

発達障害を抱えている方が一般の方と同じように社会に出て働いていくことは簡単ではありません。職場の上司や同僚だけでなく、自身が発達障害であるということを認識しないまま仕事をされている方も少なくはありません。

周りが障害に関して理解がないと、単純に仕事ができない人、社会生活に適応できない人とみなされてしまって仕事が長続きしなくなるのです。発達障害の方を支援するために、さまざまな企業や団体が支援サービスを提供しています。今までに障害が原因で仕事が長続きしなかった、就職活動をしても思うような結果が得られなかった方は、こういった支援サービスを利用して就職、転職活動をするという手段も考えられます。

 

社会的背景から障害者雇用が増えている

発達に関連する障害者を主に支援している企業や団体にも複数あり、それぞれ活動内容も異なります。ある企業では採用してもらう企業の啓もう活動にも力を入れています。企業も身体障害者の雇用に積極的なのですが、それは身体障害者の雇用であり残念ながら発達に関連する障害者に対しての雇用はそれほど積極的ではないというのが現状です。そこで人材を採用する企業側に対して発達に関連する障害に対する理解を深めてもらおうとセミナーなどを通じて啓蒙活動を行っているのです。そして発達に関連する障害を持っている方が働きやすい職場を探すことにも力を入れています。

 

発達に関連する障害と一口にいっても人によって症状に特徴があります。ある人はずば抜けた集中力を持っているけれども、複数のことを同時進行して行うことが苦手であったり、またある人は文字を読んだり理解したりすることは得意であるけれど、数字にめっぽう弱かったりまたその逆もあったりします。さらには言われたことを理解して行動に移すことはできるけれど、臨機応変にその場に適した対応を取ることが苦手であったりするのです。

支援サービスを提供している会社や団体では企業の採用担当者と話し合いをするだけでなく、実際に働く現場を見せてもらうことで障害者でも勤められる職場であるかどうかを慎重に見極める必要があるのです。発達に関連する障害のことをよく理解したスタッフが、障害者でも働きやすい職場を見つけてくれます。障害を抱えている方は手厚いサポートを受けることで、自分に合った職場を見つけやすくなります。おかげで仕事が長続きしている、ピッタリの職場が見つかったという声も聞かれますので利用してみる価値はあると考えられます。