読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害が仕事が遅い原因とは?

発達障害と職場 発達障害と仕事のミス

f:id:mochikun_369:20161020114401j:plain

仕事ではちょっとしたミスが命取りになることも

子供の頃はちょっとくらいミスをしても許されますが、大人になってからではちょっとのミスでも許されない場面が出てきます。子供の頃に落ち着きが無かったりしても大人になるにつれてそれが改善されていくケースもありますが、大人になってもなおそのような状況が続く方もいます。

昔は日本では一度就職したら同じ会社にずっと勤め続けられる終身雇用の制度が安定していましたが、最近は実力主義が日本社会でも浸透しており、実力のない社員をリストラするなどの動きが目立ってきています。そのためちょっとしたミスが命取りになってしまうことも十分にあり得るのです。また生産性がないと判断されてしまった場合も、リストラの対象となることがあります。発達障害の方は仕事が遅い、ミスが多かったりして周りから仕事ができない人間だと思われることがあります。

 

木を見て森を見ずの状況

発達障害の方は広い視点から物を見ることが苦手なことが多いです。日常生活を送る上ではそれほど不便な点はないのですが、特に仕事やコミュニケーションを取る場面で苦労することが多々でてきます。仕事では複数のことを同時進行しなければいけない事も出てきます。ところが物事全体を見て処理することが難しいため、一つの事を同時に行うことが難しいのです。

他にも与えられた仕事に対して優先順位を付けることも苦手としているため、どうしても先に与えられた仕事を途中で辞めてということが難しく、一つの仕事を終えてから次にとりかかるといったようになってしまいます。そのため納期までに仕事を終わらせられず仕事が遅いと判断されてしまうのです。

 

周知のコミュニケーションを図ろう

またコミュニケーションを取ることも苦手としていますが、日ごろから上司や同僚としっかりとコミュニケーションが取れていれば仕事面でフォローやアドバイスを受けることもできるのですが、コミュニケーションを自ら取ろうとしないと周りも次第に放っておくようになります。

自分のことだけを主張して相手の状況を考えずに発言してしまうこともあり、それが周囲から反感を買う原因になりやすいのです。その結果自分の判断やペースにて仕事をすすめてしまうため、上司や周りが期待するような結果が得られにくくなってしまうのです。

発達障害と言っても人それぞれ症状は異なりますが、説明を受けてもすんなりと理解することができないタイプの方もいます。そのため何度説明をしても同じミスを繰り返すといった事が起こりやすくなります。