読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害は仕事ができないと思われやすい理由とは

f:id:mochikun_369:20160916135734j:plain

発達障害持ちは仕事ができないと思われてしまう

発達障害の方は仕事ができないと思われることが多々あります。身体的にも知能的にも何も問題がなさそうに見えるのですが、普通の方と同じように仕事ができないのです。社会人としての常識的な行動をとることができないため、仕事ができないと思われてしまうのです。たとえば朝自分できちんと起きて始業時刻に間に合うように出社するのは社会人としての常識になりますが、それができない方もいるのです。

朝目覚ましをセットしてもなかなか起きられずに、始業時間に遅刻するだけでなく予定しておいた取引先との商談にも遅刻するのです。出社してから取引先との打ち合わせに向かう予定があった場合でも突然他の取引先の状況が気になって調べものをしていると、取引先との商談時刻を過ぎてしまっていたということもあります。一つのことが気になってしまうとそれをやらずにはいられないのが発達障害の一つの特徴であり、それが原因で仕事にてミスをしてしまうことが出てくるのです。

コミュニケーションが苦手

またコミュニケーションを取ることも苦手です。わからないことや不明点は上司や同僚に聞けば簡単に解決するのですが、聞くタイミングがわからない、どんな風に聞いていいのかがわからないといった理由で質問することを後回しにしてしまうのです。その結果ミスや失敗を連発して周りの人に迷惑をかけてしまいます。

頭脳が明晰なことも多いが

他にも整理整頓が苦手という事例もよく聞かれます。会社のデスクも常に散らかっていて、片付けなくてはいけないとう自覚はあるのですが何から手をつけていいのかがわからないのです。仕事の依頼を受けてもその書類や資料をどこに片付けたのかがわからなくなってしまったり、大切な書類を紛失してしまったりといったミスが起こりやすくなります。障害者の方には知能で優れているのに、仕事ができないと判断されてしまうケースも多々見られます。発達に関連する障害にもいろいろなタイプがありますが、知能が突出して高いタイプもあります。

そのため大学も難関大学を卒業していたりしますので、余計に周囲も仕事ができる人だと見なしてしまうのです。そしてこのような頭の良い人ならどんな仕事でもこなしてしまうだろうと、期待をしてしまいます。ところが実際に仕事をやらせてみるとミスが多かったり、社会人としての常識に欠けていたり、周りの人との協調性に欠けていたりといった悪い部分が多々見られるため、たとえ頭脳明晰でも仕事ができないと思われてしまうのです。