読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の仕事探しのコツ

f:id:mochikun_369:20160915174836j:plain

仕事探しはタイヘン

発達障害の方は仕事を探すのに苦労します。見た目にも健常者と同じであることから、健常者と同じレベルを求められます。しかしながらコミュニケーションを取ることが苦手であるため、面接で落とされてしまうことも多いのです。また今までに仕事をしたことがあるけれども、長続きしなかったというケースも少なくありません。

 

自分に合った仕事を見つけよう

発達障害の方が長く仕事を続けるためには、自分に合った仕事を見つけることが重要になってきます。今まで転職を何度も繰り返してきたのは、仕事探しの時点で自分に合わない仕事を選んでいた可能性が高いと考えられます。仕事探しで注意するべきポイントの一つが、発達障害に向いている仕事を選ぶことです。発達に関連する障害を持っている方は、一つのことに集中してこだわる特性がありますので、ルーティーンワークの仕事が向いていると考えられます。

同じ作業を繰り返し行いますので一度作業を覚えてしまえばそれに没頭することができます。発達に関連する障害者の中には仕事を覚えるのがおそい方もいますが、一度覚えてしまうと健常者よりも効率よく仕事をこなす方もおり、職場で高評価を受けている事例もあるほどです。ルーティーンワークの一例としては工場での作業や組み立て、梱包、お店での品出し、飲食店での食器洗い、清掃業務やデータ入力などが挙げられます。

 

特定の分野で才能発揮できる?

また発達に関連する障害を抱えている方の中には、一つの分野で突出した才能を見せる方がいます。そのため芸術分野で働くのにも向いていると考えられます。画家や芸術家、学者や研究者なども向いている仕事になります。自分の持っている才能を活かせること、そして一つの作業を集中して行うことができることで自身の強みを最大限に生かすことができるようになります。

WEB関連の仕事も適していると考えられます。WEB関連の仕事にもいろいろな種類がありますが、プログラミングやSEといった主にプログラムやシステムを構築する仕事なら、一つのことに集中して行う作業が多いことから、発達に関連する障害を持っている方でも働きやすいのです。仕事探しを円滑に行うためにも、発達障害者の就職を支援してくれるサービスを利用するのもいいでしょう。発達障害の方が働きやすい職場を知っており、それぞれの症状の特徴に合わせた職場を紹介してくれると考えられます。実際に働いてみないとわからない点も多々ありますが、支援サポートの会社を行っている団体や会社は仕事の細部までよく理解しています。自分では見つけることの難しかった仕事でも紹介してもらえたりもします。