読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害に適した働き方とは

大人の発達障害と仕事

f:id:mochikun_369:20160913153403j:plain

発達障害は様々

発達障害といってもいろいろな症状があります。身体的、知能的に劣っている点が見られないため症状もあるため普通に進学就職できるのですが、周りとは少し違った点が見られるためそれを障害として認識してもらうのが難しいのです。そのため社会に出てからも周りの人とうまくなじめない、周りの人と衝突する、新しい環境になじめずに精神的疾患にかかるケースも少なくありません。中には自身の持つ障害が原因となって勤め先を辞めざるを得なくなこるともあるのです。

 

発達障害に適した働き方とは

発達障害を持つ方に適した働き方とはどういったものなのでしょうか。それはその人の持っている障害の度合いや状態によっても異なると考えられます。一般の会社に就職しても何とかやっていけている人はそのまま同じところで働き続けることが可能だと考えられます。障害を持っている人が働きやすい環境を整えるには、周囲に障害を持っていることを理解してもらうことが最も重要になってきます。知的障害がない場合や身体の障害の場合と違って目に見えて一般の人と異なる点が見られにくいため、どうしてもその人の性格や考え方に難があると周りから認識されてしまうのです。しかも何度も同じことを注意してもなかなか改善されにくいため、ますます扱いにくい人材としてみなされてしまいます。その影響で段々と自分の居場所が失われて来たり、与えられる仕事が制限されてきたりと職場で孤立することが増えてしまって、結局会社に居づらくなってしまうのです。

 

職場の理解を得る

もしも就職前に自分に障害があることを知っているのであれば、それを理解した上で雇用してくれる会社を選ぶと働きやすいと考えられます。周りも障害があるということを前提で接してくれるようになりますので、たとえ普通の人とは変わった面が出てきた場合でも、障害だからと理解してくれるようになります。

 

様々な働き方があります

会社勤めをするようになってから障害があることが発覚した場合は、それを速やかに直属の上司に伝えることも重要です。早めに伝えることで上司も障害があることを理解して、今までの言動が障害によるものだったということをわかってくれるからです。もしもどうしても会社に勤めて周囲の人とうまくコミュニケーションを取ることが難しい時は、自宅で働くという手段も考えられます。インターネットを通じた仕事や内職などは、職場の人と毎日顔を合わせる必要がありませんので、人と上手くコミュニケーションを取ることができないタイプの発達障害の方にとって働きやすい環境だと言えるでしょう。

 

在宅ワーク