読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害だから就職できないわけではない

大人の発達障害と仕事

f:id:mochikun_369:20160816160956j:plain

 発達障害には様々なものがある

発達障害と一口にいってもいろいろありますが、障害があることで就職できない人も少なくありません。仮に、就職できたとしても仕事が向かなかったり他者とコミュニケーションを取ることが難しく、職場になじめずに辞めてしまうという方がいるのも現状です。また、発達障害と聞くと、知能が低い印象を持っている方も多いのも事実ですが、必ずしも障害=知能が低いということでもないのです。

 

知的に遅れのない人も多い

なぜなら、障害を持った方でも日本国内において学力の高い大学の試験に合格し学生生活を送った人も数多くいるからです。ただ、障害があるということは、何かしら支障をきたしてしまう部分がでてきます。それがどういった形で現れるのかによって、就職先を選んでいかないと理解が得られなかったり働きにくくなってしまいます。障害の特徴によって異なりますが、自分が興味のないことに関しては一切注意を払うことができなかったり落ち着きのなさで一つのことを集中して仕事ができなかったりするので、どういったところで働くかがとても重要なポイントとなります。

 

社会全体の認識は今後の課題

さらに、就職できない理由の一つとしては社会全体が障害者に対する知識が不足しているという点も挙げられます。必ずしも就職できないわけではないのですが、理解が得られないとなかなか採用とまではいかないのが現状です。

理由としては様々言われていますが、何かしらの障害があることで普通にみんながこなすことができる仕事が困難になってしまうことがあること、さらに二次的な障害としてうつ病適応障害を併発してしまうことがあるため、仕事をしてもらう会社側にとってリスクも高くなってしまいますから、採用することを見送ってしまうこともあります。

 

特定の分野で活躍も

ただ、自分がどういった部分に長けていてどういった部分が欠けているのか、それがしっかりと把握できていることによって適した就職先を見つけることができ、優秀な成績を残すことができる方もいます。長所となる部分と短所となる部分がはっきりしている障害者にとって、それを活かすことができる職場を見つけることができれば健常者以上に能力を発揮することができる可能性は十分にあるのです。

障害者=就職できないというわけではなく、就職する先の選択の仕方一つで変わってくるのです。しかしながら、知能というのは目に見えるものではないため、障害があるかどうかというのは本人が公言したり障害者出るということを理解して受け入れてもらっている職場ではない限り、苦労するのは事実です。この点をクリアすることで、発達障害があっても就職することは十分にできます。