読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害でも在宅ワークで自立した生活ができる

f:id:mochikun_369:20160805134258j:plain

 発達障害者と社会生活

一般の企業で働いている発達障害者もたくさんいます。障害があるないに限らず働くところがあるということは、とても幸せなことです。しかしながら、障害があるとかないとかは関係なく、社会に出ると様々なトラブルが起こったり、他者とのコミュニケーションがうまく取れずに仕事がやりにくくなって辞めざるを得ない状況に置かれてしまう人も少なくありません。

ただでさえ難しい社会生活、プラスして障害があるとなればさらなる困難を強いられる可能性ももちろんあります。発達障害があるからといって、働いてはいけないというわけではないですし、働き方や働く環境さえ整っていれば障害があったとしても実力を発揮したり収入を得ることは十分にできます。

 

コミュニケーションが苦手

ただ、障害があると複数の方とコミュニケーションを取りながら仕事をするということが難しいことも多いため、わざわざ苦労してまで出勤し仕事をすることはないのです。なぜなら、在宅ワークという形もあるからです。できないことができるようになれば誰だって嬉しいですし成長できたという証拠にもなります。ですが、喜びや成長というのは必ずしも社会に出なくては得られないというものでもないのです。在宅ワークをこなしながら収入を得ていく、できることが家でできるようになればそんなに幸せなことはありません。

 

在宅ワークという道

自分に今できること、自分の心と体のバランスを見ながら、自分に合ったペースで人生を歩んでいけばいいのです。働き方を変えることによって、社会に出て働くということがいかに負担になっていたのか、ということに初めて気づいたという障害を持っている方の声も少なくありません。在宅ワークなら自分のペースで仕事を行っていくことができますし、今の気持ちの状態や体調に意識を向け、仕事に取り掛かることができます。

社会に出て仕事をすることに対して心身の負担になっていることが明らかであったり、仕事が向いていないと感じるときは、我慢をしてまで働くことはないのです。在宅という仕事が存在している限り、自分のペースで自分なりに働いていくことは十分に可能なのです。確かに、生きていくうえでお金の存在は欠かすことができません。お金があれば大半のことは解決してしまうところももちろんあります。しかしながら、幸せとうのは心の豊かさがあって初めて感じられるものであり、無理をして働いて収入を得ることが幸せというわけではないのです。そういった意味では、在宅ワークを行いながら生活をしていくことこそが、自立への第一歩であり豊かな人生を送るための秘訣なのではないでしょうか。

 

在宅ワーク