読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害でも仕事をするために受けたい支援サービスについて

f:id:mochikun_369:20160714194155j:plain

 発達障害の支援サービス

発達障害の方は、法律によって様々な支援サービスを受けることができますので利用することを検討されてみて下さい。発達障害の方が利用できる支援サービスには、職業支援サービスがあります。

障害者雇用促進法によって、一定以上の人数がいる会社では障害者を雇用する事が義務付けられています。この法律により障害者の雇用が右肩上がりで増えてきているのです。なぜなら、障害者を雇用すると助成金などがもらえるので企業側にもメリットがあるのです。

賃金補助など一定期間優遇されるほか、トライアル雇用などがあるので企業側も働く側も試しに働いてみるという方法もあります。無理のない程度で試せますし、企業側もどのように働くのか確認できます。お互いメリットが大きいのでトライアル雇用が増加傾向にあるのです。

 

就業訓練なども

他にも一般企業で働くための能力や技能を高めるための訓練を2年間受けることができる就労移行支援事業というのもあります。さらに一般企業で働くことが難しい人には就労継続支援事業というのがあって働く場を提供してくれたりします。

発達障害の方が利用できる支援サービスとしては、大人になって発達障害だと判った場合、精神障害者保健福祉手帳を申請することができます。この手帳を持っていると税金減免や様々な優遇があるほか、企業側も障害者を雇う義務があるためノルマ達成の為必要とする場合があります。

かえって精神障害者保健福祉手帳を持っていないより持っていた方が採用されやすい事もありますので取得も検討されると良いです。障害者雇用での応募が可能になるため選択肢が狭くはなりますが、その分就業してからも障害者として扱われ気が楽になったという人も多いです。

 

大人の発達障害支援

他にも公的機関ではなく、NPO法人などで大人の発達障害の方に寄り添ったサービスをしている所もあります。公的機関同様職業紹介や訓練をしてくれたりと多種多様ですが、発達障害の人や障害者で運営する会社を経営しているような法人もあります。そのような所を利用すれば、他の人も同じような境遇なので和気あいあいと仕事ができることもあるのです。

日本全国に発達障害や障害者を支援している法人はたくさんありますので探してみるのも良いです。発達障害の場合、脳に機能障害があって普通の人と同じように働きたくてもできないケースが多いです。しかし、発達障害という障害を自分自身が認めると公共機関を利用したり支援サービスを受けることができるようになります。

 

今までよりも精神的な負担が軽くなるケースも多いので前向きに支援サービスを受けられることをおすすめいたします。