読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事を辞めたいと考えている人がぜひ知っておきたい大人の発達障害

f:id:mochikun_369:20160712231232j:plain

発達障害とは

普段から職場での人とのコミュニケーションが取りづらかったりミスが多かったりすると仕事を辞めたいと思う事もありますが、もしかしたら発達障害かもしれません。
発達障害とは、多くの場合、子供の頃に見つかり先天性の障害として普通学校の特別教室や特別支援学校等で療育を受けます。

しかし、軽い発達障害の場合や周りが子供の特性だと思い込んでいると発達障害が見つからないまま大人になる事もあります。
療育を受けている場合は、発達障害の子供という認識が自分にも家族にもありますし、周りも障害がある人として接してくれます。
学校を出て就職する時も発達障害があるという事が判っている為、職場でもそれなりに発達障害を認識した配置等が行われます。

本人的には、障害がある事を周りに認められている事になります。
子供の頃にこのような発達障害の兆候が軽かったりすると見過ごされる可能性も高くなります。大人になってから周りとの違いに悩んで病院に行った時発達障害と判る事もあるのです。

 

職場での発達障害

職場でも、発達障害の人はその場の雰囲気が読めなかったり突発的な行動を取ったり書類や道具の整理ができなかったりする為悪く言われることもあります。
職場で浮いたり時間が守れない為怒られたりすることも多く、本人も人に迷惑をかけてしまう為、仕事が合わないと思う事も多いです。

発達障害の人の中には、発達障害だと自覚が無いまま職を転々とする人もたくさんいます。最初から発達障害だと判っていて就労するなら周りの理解もありますが、普通だと本人も思っている為、なぜ自分はできないのか悩む場合も多いです。
大人になって発達障害が見つかる人は知的障害発達障害ではない事が多いため周りからも判りづらいのです。そのため辛い思いを職場で体験する人も多いです。
それだけではなく家族にも発達障害だからという認知が無い場合、色々な事を言われてしまいます。

職場の上司から責められたり、周りの同僚から嫌がらせを受けたりして自律神経失調症うつ病を起こしてしまう発達障害の人もいます。これは、職場や家庭で強いストレスを受けることで精神が病んでしまうからです。このような精神的な病気を起こして初めて発達障害であることを知る人もいらっしゃいます。分類としては、広汎性発達障害学習障害注意欠陥多動性障害アスペルガー症候群自閉症などがあります。

これらの障害が単独で起こる事もあれば何個かの発達障害の症状が同時に起こっている場合もあります。仕事を辞めたいと考える時、自分の普段の行動を見直して発達障害かもしれないと思うならきちんと調べた方が良い場合も多いです。